以前は診察した病院でお薬を頂いて帰ると言うのが普通でしたが、医薬分業が進んできた今、診察した病院で処方箋を発行していただき、病院外の調剤薬局でお薬を調剤してもらうと言うケースが多くなってきているようです。
大阪ももちろん例外ではなく、調剤薬局があちらこちらに進出してきています。
そして調剤薬局が増えるに従い、薬剤師求人も多くなっているようです。
新たに進出した調剤薬局以外にも、それまで、調剤はできるけど近くに処方箋を発行する病院がない為、一人で足りていた調剤薬局も、院外処方箋を発行する病院が増え、調剤が増えた為薬剤師を募集しているところも少なくありません。
調剤に関しては、薬剤師しか薬を扱えないため、処方箋の数が増えれば増えるほど、やはり薬剤師が必要になってくるのです。
院外処方箋が増えたことにより、薬剤師の就職の幅が広がったのではないかと思います。
お給料はもちろんですが、就業時間帯や休日、またやりがいなど納得のいくお仕事が見つかりそうですね。