製薬会社と現場の医師を橋渡しするMR(Medical Representative の省略で日本語表記は医薬情報担当者となる)は、製薬会社が新たに開発した新薬を現場の医師に売り込む営業活動が主な仕事と考えられていますが、営業はMRの仕事のほんの一面でしかありません。
MRに求められている業務内容は、現在広く処方されている処方箋薬の最新情報を現場の医師に伝える、製薬会社と医師との橋渡しの役割です。
ですから高い倫理観が要求される業務であり、新薬の営業成績よりも医薬品のパートナーとして既存医薬品の副作用の情報を積極的に開示し、社会貢献への高い意識が求められる職種といえるでしょう。
MRは薬剤師資格不要な職種ですが、MRの求められる知識が医薬品、特に処方箋薬に関する副作用情報であったり、医薬品の患者への適正な使用量の提案、新たに臨床試験により証明され認可された効能の情報提供が求められるため、製薬会社は薬剤師資格を持つMRを積極的に採用しています。
京都は西の都として古くからチャレンジ精神が強く、大手製薬会社の研究拠点や中小の製薬会社が本社機能を置いているため、京都の薬剤師求人にはMRとして薬剤師を募集する案件が出やすい傾向があるでしょう。
MRとして就職、転職すると一般的な薬剤師の業務とは違った体験を多く積む事ができ、自分自身の新たなキャリアアップにつながるでしょう。
製薬会社で将来的な安定を期待できるのも魅力となります。