薬剤師の方が自分の持つ資格を生かして転職しようと考える時、転職先として思い浮かぶのは病院内の薬局、院外処方を扱う調剤薬局やドラッグストアー等々、医薬品を扱う販売窓口のお仕事を連想される方が多いでしょう。
国家資格である薬剤師の資格は、一見すると医療とは無関係と思える大手企業でも必要とされています。
例えば、大手企業がオフィス内に設置する診察室の管理薬剤師があります。
製薬会社の新薬を開発する部署が薬剤師を募集する事は多いですが、化粧品の会社が化粧品開発の過程で臨床試験を行う時に薬剤師資格を持つ人が必要とされますし、医療機器を製造するメーカーも薬剤師資格を持つ人を必要としているでしょう。
西宮には大手企業の本社や研究拠点が数多く置かれていますから、一般的な薬剤師求人以外にも、大手企業から募集される薬剤師求人が各種出ています。
企業からの薬剤師求人の職種内容については、治験担当や研究開発部門での仕事が多いですが、営業職としての募集もあります。
どの職種での求人についても、一般職としてその企業の求人に応募する事と比較すると、薬剤師として応募する場合の競争率は比較にならないほど低いでしょう。
国家資格を持つ薬剤師は大手企業への転職を希望すると、一般職よりもはるかに容易に入社可能という事です。
もちろん病院内薬局や調剤薬局、ドラッグストアーへの転職と比較すると狭き門とはなりますが、将来性や安定性、自身のスキルアップにおいては大手企業は非常に恵まれた環境にありますから、検討の余地は十分にあるでしょう。