薬剤師求人を探している方は、管理薬剤師募集という求人案件を目にした事のある方が多いでしょう。
一般に求人票で募集される薬剤師は、総合病院や個人病院の院内薬剤師や、院外処方箋の調剤業務を主な業務とする調剤薬局からの薬剤師の求人、ドラッグストアーの常駐薬剤師の求人案件が大半です。
時々薬剤師求人で見かける事のある管理薬剤師は、薬剤師である事が条件でありそれ以外に特別な資格は必要ありません。
薬事法により規定されている名称の一つで、製薬会社の薬品製造工場や医療機関、薬局や医薬品を扱うドラッグストアーに必ず1人、薬剤師の資格を持つ責任者を置くことにより、管理薬剤師として常駐させる事が規定されています。
総合病院や薬局では管理薬剤師よりも薬局長のほうが一般的のようです。
通常は勤務経験が豊富で長く勤務している薬剤師を管理薬剤師として昇進させるケースが多いでしょう。
しかし事情により急に管理薬剤師が退職して経験のある薬剤師がいない場合は、キャリアの豊富な薬剤師を中途採用として管理薬剤師を募集する事もあります。
広島の薬剤師求人案件で管理薬剤師の求人が出る場合、そういったケースが多いでしょう。
管理薬剤師の求人案件については、医薬品を扱う部署全体の責任ある立場での仕事が要求されます。
薬剤師の仕事自体が医薬品を扱うので責任の重い業務ですが、管理薬剤師は部署全体の責任を負うため、業務内容もきつくなり待遇面や給与は高くなります。